仙台テナント情報

仙台テナント情報

テナントビルのオーナー様へ

テナントビルのオーナー様へ

10年ひと昔、ということはもうふた昔・・・という感じでしょうか。バブル経済の最盛期・・・。投機的な目的から不動産の価値は高騰。都心部の商業地の値上がりはことさら著しく、所有者は相続税対策に追われた時代でした。
銀行の節税提案はほとんど土地を担保に建物を建築し、償却資産を捻出。その建物を賃貸し、そこから得る賃貸収入を借入返済に充てるというもの。 結果、都心部のみならず各主要都市においては空前の建築ラッシュとなりました。
都市部オフィスビル事情
都心部においてはより多くの賃料収入を見込み、住宅よりもオフィスビルが乱立しました。そんな中にあっても時代背景が味方し、オフィスは供給よりも需要の方がはるかに上回り、竣工前にはテナントが全決している事は当然の事でした。
供給が足りない状況です、わざわざ入居者を探す必要すらありませんでした。テナント募集の看板だけで、竣工時までにテナントが全決していたというのですから・・・。  つまりは、テナント募集の窓口となる不動産会社が営業力の真価を問われる場面はなかったのだと思います。
時代背景の変化
しかし、まもなくしてバブルが崩壊。そこからが激動の始まりです。  今までが信じられないような賃料の低下、空室率の増加・・・。全く見えてこない景気回復にさぞかし悩まれたオーナー様も多かったかと思います。あまりに突然な不況の到来と共に急速な勢いで貸手市場から借手市場へと時代は移り変わり「貸してあげる」から「借りていただく」というくらいに状況が変化しました。
今、21世紀を迎え10年が経過しようとしています。この間にも不動産市況においては好不況がありました。数年前には一時的にまた価格があがり、ミニバブル・・などという言葉も耳にされたこともあるかと・・・。
そして現在〔2009年8月〕、日本だけというものさしではない不況、不動産業だけというくくりではない不況がまたやってきました。認めたくはないですが認めざるをえない状況です。
このような状況下において、オーナー様方はまだ、テナント募集の看板を掲げてじっとお客様が来てくれるのをお待ちになるのでしょうか?お聞きしたいです。 古くからの付き合いというものを最優先し、昔ながらのスタイルで待つだけの営業をしている不動産業者さんに専任で物件を任せていてよいのでしょうか?それはよくない、それは避けたい、真剣に少しでも早く決めたい・・とお考えのオーナー様がいらっしゃいましたら、ぜひお手伝いさせていただきたいと思います。
支出部分の見直しの必要性
管理においても、支出部分の大幅な見直しが必要だと思います。収入が大幅に激減してきている状況です。当然の事です。
エレベーターメンテナンス、機械警備、日常清掃、空調設備メンテ、ガラス清掃etc・・・ ビル管理における各項目に関しても、昨今では各業者による価格競争が進んでいます。 決して安ければよいというわけではありません。しかし不必要に高い場合は見直しが必要と思います。ご存じないと思って高値でお仕事されているところもあるはずです。極力安く、良いサービスを受けられるように即、管理会社を変えることはしないまでも、適度なタイミングで他社の見積を取ってみる事もお勧めします。
また、ビルオーナーと作業会社との間に何社も会社が混在して訳わからないようなところもよくあることです。それこそ中間マージンが含まれて高値になっているはずです。
もしそんな気配がありましたら、ぜひ一度お問い合わせください。 今までも、そしてこれからもオーナー様のお城は、他の誰でもなくオーナー様が守っていかなくてはなりません。時代が悪い、銀行が、国の政府が・・と嘆いていてもどうにもなりません。
何かございましたら、私ども㈱オーロラビルがご相談にのらせていただきます。
ビルオーナーに問いたい...
ビルの運営は効率的に行われていますか? テナント募集看板を掲げるだけでお待ちになってはいませんか?
私たちオーロラビルは時代のニーズに的確に対応した事業用不動産の有効かつ適切な運用・利用をサポートいたします。 ビル管理からテナントリーシングまで事業用不動産の事なら㈱オーロラビルにお声がけください。
ビルオーナー様へ
テナントをお持ちのビルオーナー様にとって、なかなか空室が埋まらないという方もおられるかとは思います。そんな時当社にご相談下さい。 県内トップクラスの空きテナント情報より、空室が埋まらない原因を追究し、ご提案をさせていただいております。そして当社のネットワークを使いまして、募集から案内、ご成約に至るまで営業担当が責任を持って行います。
また、募集の際に特に問題になるのが、引渡し状況と原状回復ではないでしょうか?前入居者がきちんとした形で退去し原状回復をしていれば、当然何の問題もなく募集から契約までいきますが、前の方が備品等をそのままにして出て行ってしまったり、床壁天井等に穴を開けたまま出て行ってしまった等、次の入居者が決まりづらいままの店舗を見かけます。直したいけどどうすれば?できればお金を掛けずに次が決まらないかな? その他にもいろいろな問題点があるかもしれません。どんなときでも当社にご相談いただけましたら、担当営業マンが現場にお伺いします。そして次の入居者を探す為にはどうしたらいいのかご提案させていただきます。
以上のような、退去したあとのテナントだけではなく、現在入居中の方が退去したいといってきた場合にもぜひ当社にご相談下さい。退去してからでは原状回復の打合せもスムーズには進みづらいですし、退去する前に次の方が決まっていればビルオーナー様も一安心だと思います。上記のようなテナントビルはもちろんですが、当社テナント仲介部門は空き地の有効活用としてのご提案もさせていただいております。
広い敷地をもっていますが、一部・もしくは全部を貸したいがどうしたらいいのかわからない、敷地面積が小さいので使い道がないのでは、他にも10年後20年後には自分で使いたいから貸せない等、ただ土地を寝かせて置くのは損ではないですか?
そんな時も当社にご相談下さい。広い敷地であれば、大型店舗の誘致や複合商業施設等に活用できますし、土地がすごく小さくても資材置き場やコンテナ倉庫、その他にも場所によって様々な使い道があります。将来的な利用を考えているのであれば、定期借地契約で期間を決めて賃貸することが可能です。その場合には法的に契約期間満了後土地が戻ってくることになりますので、年数を決めて双方合意すれば空けておく必要もなくなるわけです。
そして、当社の募集につきましては、各営業担当の迅速な対応の他、このような当社ホームページでの募集もできますし、張り紙・看板等掲載することもできます。できる限り早くお客様を見つけてオーナー様のお役に立てるよう、当社一丸となって尽力いたしますので、お気軽にお電話いただけますよう従業員一同心よりお願い申し上げます。
不動産をお持ちのオーナー様へ、㈱オーロラビルからのご提案です。
マンション、貸家、分譲マンションのお部屋、テナントをお持ちのオーナー様へ、現在お持ちの物件は満室ですか?長い間空室が続いたりはしていませんか?また、家賃滞納などがあり、督促などが大変では御座いませんか?入居者同士、近隣にお住まいの方とのトラブル、テナント間でのトラブル、たとえば騒音、マナー、地域コミュニティー、または店舗前の駐輪など、その他トラブルは御座いませんか?
其の他にも、たとえば共用部分の掃除などが大変ではありませんか?また、消防の点検、貯水槽の点検がどのようにしたらいいのかわからない、といった事など御座いませんか?
大規模な改装をして、新築に負けないくらいの設備を持つ物件にしたのに、なかなか入居者が決まらない、など御座いませんか?また、そろそろマンション、アパートなどの建て直しをお考えではありませんか?
オーロラビルなら、そんなオーナー様のお力になれる為に、当然全力を尽くします。 全力を尽くすのは、当たり前です。㈱ オーロラビルは、さらにもっと満足のいる全力以上の力を、労力を惜しまず、頑張ります!
オーナー様の不動産を満室にする為に㈱オーロラビルが出来ること
「賃貸マンションや分譲マンションのお部屋、貸家、テナントが空いている状態で、募集はしているのに反応がない、または薄い」 広告や宣伝活動は充分ですか?仲介業者様への情報の発信は充分ですか?
たとえば、それがどんなに素晴らしい物件であっても、知られていなければ、それは存在しないのと同じとなってしまいます。知られていない、というのは貴重な機会を見逃すだけでなく、物件の価値を相対的に下げてしまいます(長い間空いているのは、どういうわけだろう?とお客様が漠然と不安を抱えてしまう恐れがあります。) また、情報伝達の手段は、昔より確実に今のほうが増加しています。
今現在では、口コミ、情報誌、DM、チラシ、看板(張り紙、建て看板、旗、のぼり等)、仲介業者様への訪問、そして近年見る見る増加してまいりましたインタネット上の広告等々、確実に増加しています。
それゆえに、情報の発信が充分でない場合、数多く発信される広告の中に埋もれてしまう危険性が御座います。 たとえば、オーナー様の魅力的な物件を、自社内で独占してしまうような業者に任せていては、なかなかお部屋が空き室のまま、長い時間が過ぎてしまう恐れがあります。 ㈱オーロラビルでは、ホームズ、ヤフー不動産、アットホーム、チンタイ、SUUMO、自社ホームページ等に、空きが出たらその日のうちに、掲載しております。 また、不動産仲介業者様への空室情報の送付、資料の配布、また直接訪問など実行致します。
さらに、弊社にご来店いただいたお客様に積極的にご紹介させて頂きます。 物件を知る方が多ければ多いほど、物件に対する申し込みの機会は多くなります。 空き予定の段階から募集を開始致します。退去→リフォーム→入居のスムーズな流れを実現するために、ありとあらゆる手段を実行致します。物件を知るお客様の数を増やし、申し込み確立を高め、早期成約を目指します。
「お部屋、貸家、テナントが空いた状態で、長期間空きっぱなしである」 物件の条件は相場を反映していますか?また、室内は常に清潔でしょうか? どれだけ素晴らしい物件でも、相場とかけ離れた条件ではお客様の興味を引きつけることは出来ません。
相場から離れた条件では、お客様の選択肢に入りません。お客様は数多くの物件の中から、一つの物件を選ぶわけですので、様々な条件の中から一つ選ぶ際に、様々なフィルターで物件をふるい落とします。
明らかに相場を反映していない条件では、最悪の場合、選択肢に入らない恐れも御座います。 また、例えば入居者が決まってから改装をするために未改装のままだったり、例えば空き室の状態が長く、ほこりがつもったり、日焼けしたりして汚れてしまっている場合など、または現状渡しなので全く何もしていない状態などでは、お客様に不潔感を抱かせる恐れがあります。
お客様が初めて部屋に入った際のインパクトはかなり強いものです。例えば、その時に感じた「不潔感」が、後々ふるいにかけた際に除外される要因となっている場合が御座います。 お客様は、案内の際に、その空間で過ごす未来を想像しながら物件を回られます。将来開店したお店のレイアウト、働く自分自身、店員、社員の姿、お客様の入った店内、その他様々なビジョンをイメージする際に、なんとなく感じた「嫌なもの」の印象は大きくなります。
例えば、㈱オーロラビルなら、案内の際に芳香剤をおく、定期的に物件を見て、内部の状態を確認する、キレイな状態を保つ、現状渡しの場合でも簡単な内部の清掃を実施する、お部屋の場合は、案内用のスリッパを置く、周辺の地図を作成し置く、等ありとあらゆる手段を実行します。 エリアはお客様のイメージを最大限に「いい方向」に導くために、行動します。 決まらない物件に存在している、決まらない要因を取り除くために、㈱オーロラビルはオーナー様と一緒に頑張ります。